派遣の『事務用機器操作の業務』

労働者派遣法において専門性が高い派遣社員の業務として挙げられている26業務のうち、『事務用機器操作の業務』は5号業務として掲げられていて、もっとも件数の多い仕事でもあります。
電子計算機やタイプライター、テレックスなどといった事務用機器の操作を行うものでありワードプロセッサー、テレタイプなどの事務用機器も含めて準備、整理といった業務も該当します。
ファクシミリ、シュレッダー、コピー、電話機、バーコード読取器などのように、操作をする上でそれほど習熟していることが必要とされない機器は含まれていません。
なお、印字された連続紙を切り離したり仕分ける業務については機器の操作に関連して『過程において一体的に行われる準備及び整理』となりますが、連続紙を梱包たり発送する業務は含まれません。

Copyright派遣 All Rights Reserved.

派遣